人生復活計画blog

挑戦最底辺が金持ちを目指すブログ!!

第37話 眠気

運転業務なのに寝不足。
圧倒的な睡眠時間を確保にてこづってします。

やはり仕事は早く変えたい。

もう一つ理由があるとすれば雨でびちゃびちゃになりながらも、笑顔で接客ー、だとかしなければならないから、それにいつも以上に外で待たせる客は多い。

タイミングがあると思うが、、

第36話 近づく今の家で初めての給料

さぁ、残り3日。
今日も残りわずか。

26日目を迎えたが、明日が家賃振り込み日だけど、1回目は絶対遅れるやつー笑

給料が月末だと無理じゃね?
物理的に金額が追いつくのが、いつなのか?詳細を計算して置かなければ冷蔵庫がいつまで経っても買えないだろう。
とりあえず家、公共費、借金、ケータイさえ支払えさえすれば今月は乗り切れるが、来月はそんな風にはいかないかもしれない。どうしよう。どう打開しようか?

第35話 ゲームの趣味

モンハンxxを今進めてて、一応次のライズも持っているが、やることがまだまだあって、ライズ行ける日がいつなんだ!と思う。

大剣の装備が完成して、より狩りが楽しいのだ。

炭鉱してお金集めないと、そこに作成できるものがあると作っちゃう。。

なんとなくゲームでのお金使いと、今の現実と同じ気がする。
一回充実するくらいお金貯めてみようかな笑😆

現実と同じように?

今迷っているのは経営よりも家で稼げる事を考える方がいいのかな?お金かかるけど。
そのためにMacBookが欲しいのでそのお金を貯めないとって感じかな、、

第34話 あと5日以内に月末

初めての家でようやく1回目の給料日。

支払えるくらいにはお金残せたと思うが、来月がかなり不安だ。

しかし、来月はバイトを始めるので、貯金も出来るくらいにはって思ってる。

とりあえず支払いが遅れてはいけないのが、借金と家賃と、携帯。
これだけ間違いなく支払えばとりあえずは大丈夫!

底辺から金持ちって、ハードすぎる。壁が高すぎる。
パソコンも欲しいし、欲しい物がないと稼げるもんも稼げないし、、困った。。なんとか方法探さないと今年も貧乏で終わっちまう。。

もっと考えてお金使わないとなー、、

逆にすごい。月収15万の人たちが、、

第33話 正式に人集め再開!手探りだけど、、


普通に難しい😓

と思い始めてみたものの、ま、たった1日でリプされるわけじゃないし、気長に待とう。
会社を立ててから始めた方がいいと本気で思ったので、お金も貯めなきゃ、、なので、明日からバイトをして、より生活の改善から、原状回復し、貧困層のお前には絶対無理だと言われた会社経営をやり切る!これが最終目標!


いつしかの動画で言ってたことを思い出した。

『虫の目と鳥の目を持つ』

これが誰の言葉だろうと正直どっちでも良い。まずは自分がそれを信じて明確にしなければ成長しないのだから。。


Xの投稿に、ブログ。サクッと終わらせられるほど記事書くの上手くないし、、


さて、どうしたものか笑😆

Xはこちらです!

https://x.com/gardensvf/status/1793611242109907062?s=46

第32話 有料級💰!? 配達できる指南書Part.1

《はじめに》

三大配達業の

ヤマト
佐川急便
郵便局

そのほかにもチャーター、企業配、ネットスーパー、ハイゼットであらゆるものを知り、ここ5年ほど配達に関わってきました。

初月から配れるようになり、ここまでやってきました。

そんな僕が考案する指南書を見れば簡単に配れるようになるでしょう。


《ゼンリンまたは専用ゼンリンアプリ》

これはピンを立てる際に使用します。
地図に名前や住所が記載されており、位置情報と掛け合わせることで、その場所にどんな名前の人が住んでいるかわかってしまうアプリです。

《地図情報》

ピンを立てたらさで配達!ってわけではなく、積む作業が待っています。
地図に記された番地ごとに区分けし、車に載せましょう。

〇〇1丁目。〇〇2丁目。数を数えておくと、便利かもしれません。


《実際に積んでみよう》

奥から順に積む場合時間指定がある場合もあるためお勧めができません。

不在の数によっては午前中に回れる数の限度があるためです。

不在無しの場合50個、不在ありの場合35個と言った感じです。

《差が生まれてしまう理由は3つ》

◦不在票を書く時間に取られる。
◦不在の場合、大きい物は電話をする又は連絡くださいとそもそも指示がある。
◦地図情報に呑まれて、荷物探しに時間を取られる。

そもそも3つ目は不在の有無に関わらず時間がかかるため、地図はひたすら反復しルートをあらかじめ決めておくと良い。

《ルート》

これは一番課題だろうが、一番遠いところからセンターに近くなるように配るってのは正直邪道だと捉えてもらって差し支えない。

なぜなら、センターに荷物を取りに帰る際、だいたい終わってからか、または一部置いてきた分はある程度荷物が減ってからでなければ、戻ることは不可能だろう。

つまり、現時点では近くから配ってより配達時間を伸ばす方が多く配れる。


《時間との戦い》
3分で一個配達が一般的なスピード。1時間にこれで20個配れるため、8時間もあれば160個といった単純計算ができる。

しかし、信号無視は出来ないので、信号に停まらない、無闇やたらと家の前に止めないなども考えるべきだ。

現状で編み出した方法から初心者でも簡単に配れる方法なので、そのためにもまず降りて荷物を運ぶ時間の方が、わざわざ目の前に停めるよりは早いその手間を減らすことで、留まる回数が増える方が効率的だ。

《常に動く》

やってしまいがちなのは、思考停止のように体を止めてスマホを睨めっこする人だ。
ここって決めたピンをこっちの方が良かったかな?とかは考えずに配るべきだ。
その考える時間や、探している時間ずっと立ち尽くし、車内をゴソゴソと漁ることだろう。

しかし、これはもっともやってはいけない行為。

これが常に売上を下げることのできるさぼる方法だと思った方がいい。

次に行く場所を常に考え、今やるべき事、次にやるべき事を順序よく計算してその場に3秒も立ち尽くすことをやめる。常に動き回る。

《ふとした休憩したい場合》
トイレ休憩、タバコ休憩、水分補給などは、適切な場所または路肩停車やコンビニに行く場合が多いだろう。

その場合だいたい目安は10分程度までと決めておくといい。しかし、3から5個分と考えると約400円から約700円くらいの時間を損すると考えておくといい。トイレ休憩は致し方ないけどもね、、、

一息つくのがあっという間だが、常に動き続ける話をしたので食い違いか?と思われがちだが、そうではなく、

『お客様を待つ時間や、宅配ボックスなどに入れる時間、エレベーターの昇降時間を一息つく時間』と捉えた方がいい。
その場にいる時間が3秒を超えてしまうからだ。


それを2セットまたは3セット、7セットと朝から晩まで行うので、合算してしまえばわりと休憩している時間は意外にも長いということだ。

第31話 配達の闇 Part2

◦お金の問題(出費編)

皆が気にするNo.1は、お金だろう。稼げなければ意味がないので、、

昔に比べ物量が減ったか?は、特に無く消費者は何千人といるため、どこか一部が頼まなくても、別の場所では多く頼むため日に多くなるわけではないが、間違いなく物量は減る概念を知らない。

とても良い事だろう。

しかし、その原価は不明だがどこの業種もだいたい委託におりてくる金額は140円から180円で、そこから業務委託料10%から15%が実際の相場だ。

事務手数料だったり、リース車両を含めるとだいたい5万から6万。
そこにガソリンを含めると2、3日でゼロになるのがベースで、うまくいけば4日持つが、とても稀な場合で無いようなものだ。

更に言えばお昼ご飯を食べたいとなれば弁当持参したら腐らせるだけなので、クーラーを使う。そうするとガソリンが更に減ると言った寸法で、クーラーボックスを持って行くと助手席が埋まるので、荷物も必然的に乗せられない。。


◦お金の問題(収入編)

実際の荷物はだいたい多くても150が目安で、一人前以上になれば200も行く。

しかし、序盤始めたてでは、数多く貰えるわけではなく、信用されていない段階から始まる。何故なら酷い場合誤配だとか、置き配によるクレーム等だ。
これが一般的にNG行為だと思うが、やってしまいがちなのだ。
恐ろしく配れない影響に飲み込まれてやってしまうので、分からなくもない。

さて、これが前提で持つ荷物の数はなんと80個。それを下回る会社もある。

しかし、それすら配れない状態の人だっているのだ。

考えられる選択肢は二つ。

地図がまず読めない。

方向感覚が掴めない。



この二つを有する場合、そもそも無理だろう。

しかし、希望や方法はある。それはまた別の記事に書くが、
今回のお題はあくまで闇なので、

現実的に総収入18万からリース代や、ガソリン除く収入8万くらいから、となる。

もっともお金の面の底辺はそんな感じだ。


◦お金の問題(※超重要機密)

ここからが本題。

おすすめしていない理由はそれだけではない。

配達には青天井なるものが存在する。

現状、この仕事をずっと長くやる人には関係ない話だが、だいたい他の仕事でうまくいかないからこの仕事に落ち着いた人や、様々な理由があるが、だいたい『稼ぐだけ』に特化する場合、それなりの期間が設定されてしまう。それまでに配れるようになるのはもちろんだが、

上限がある。

150から180が安全に配れる限界速度だろう。
不在を含めたらもっと減るわけで、120から150個くらいが配達完了『業界用語でいう配完』となる。

つまり一日15000円から20000円がマックスって事になる。ここに休みなどを含めて月間指数を計算すると安定して35万から40万くらいとなる。しかし、物量によりけりとなる。
Amazonなど日給が決まってる場合ではだいたい月に40万くらいだろう。

つまり年収500万は夢のまた夢なのだ。
繁忙期に稼ぎ、閑散期ではその分差があるので、結局年収500万に行くことは難しいのだ。

◦最後に

これが現実だ。これがやってみて知った闇だ。
一時的に稼ぐってのは良いと思うがリース代や、ガソリン代が多くのしかかるので、より期待値は低い。

そんな短期間で稼ぐための方法を今回は特別に無料で公開しちゃおうと思う。次回の記事を楽しみにしてて笑😆


それでは。。